殺法と活法のパタフィジック
'pataphysics of equivoque

2017

自生する植物、仮設鋼板、ネオン管、アルミ板、川鵜の骨、湧き水、石、泥、他

h.300 × w.1100 × d.1100 cm

「自然と交歓する芸術祭 松戸アートピクニック」
21世紀の森と広場 / 千葉県

撮影: 宇田川 俊之

殺法と活法のパタフィジック

殺法と活法のパタフィジック

殺法と活法のパタフィジック

殺法と活法のパタフィジック

殺法と活法のパタフィジック

工事現場などの周囲に立ち並ぶ「仮囲い」。
当たり前のことだが、工事中なのは囲いの内側である。
それは何かが生み出される場所を指し示す。

赤瀬川原平が《宇宙の缶詰》を制作した1964年、世界は反転し全ては内側へと包み込まれた。
内は外へ、外は内へ、世界はまるごと反転する。
とすると、工事中なのはこの世界の全てであり、私たちの日常ということになるのだろうか。

囲いの外側にあたるこの空間には、トリカブトや花筏といった両義的且つ落語的性質を携えた植物が息づき、そしてまたそれらを見守るような眼差しの交感が息づいている。
これらの偶発的な出会いによる連続運動は、囲いの内側であるこの世界との間に、そしてこの世界から生み出される「何か」との間に、これまでもこれからも必要不可欠であろうパタフィジカルな思索を促しうる。