可塑的鉱物都市研究 / Tadayuki Tahara 田原唯之 Artist

可塑的鉱物都市研究

study of plastic mineral city

2016

油粘土, 木, スタイロフォーム

h.280 × w.450 × d.420 cm

としまミュージアム, 豊島区旧庁舎, 東京都

Photo: 加藤 貴文

都市を、あらゆる要素が結晶化して生まれた鉱物と例えてみる。 それは無数の主体による有機的な営みを主な組成分としているため、絶え間無く続く結晶化における、あくまでも暫定的な、すなわち可塑的な産物といえる。 であれば、そこから読み取り得る “場所性” というものも、場所の “ 固定的且つ物理的な性質” としてだけでなく、各主体に依拠した “可塑的且つ感覚的な性質” としても捉えることができるのではないか。 こうした場所性の捉え方から、改めて自身の目の前に広がる都市の風景を見つめなおすと、それは、多様な情景が織りなす揺らぎという相対の内の一つへと変容することにもなるだろう。
可塑的鉱物都市研究 可塑的鉱物都市研究 可塑的鉱物都市研究 可塑的鉱物都市研究 可塑的鉱物都市研究